ドイツ旅行のおすすめごはん


2

画像参照:Günter Hentschel

ドイツ旅行をした際に、ドイツ独自のごはんを味わうことも旅行の醍醐味といえます。
ドイツと言えば「ソーセージ」と「ビール」が有名です。実際に街を歩くとソーセージの立ち食い店やビールが飲める店が数多くあります。
実際に本場の「ソーセージ」と「ビール」の組み合わせは最高に美味しいごはんの一つと言えます。

本格的なドイツ料理を味わうことも旅行の醍醐味と言えますが、料理はどれも量が多く、また一品に沢山の素材を用いる料理が多くなっています。また、ドイツのメインディッシュは肉料理が定番です。古代ゲルマン人のように豪快に肉を丸焼きにした料理にかぶりつくスタイルの料理が醍醐味の一つです。その中でも特にポピュラーなメインディッシュは「シュンッツェル」です。こちらは生後10か月未満の子牛肉を使用した柔らかい肉が美味しい逸品となっています。また、ドイツ北方ではコイやフナ等を濃厚なソースで食べるスタイルもあり、その地域での食文化の違いを味わうのも面白いですね。
また、前述のソーセージと一口に言っても1500種類以上もあります。色々なソーセージを食べ歩く際に、その個々の店ごとで様々な種類のソーセージを味わうのも旅行の楽しみとなります。
さらにビールにおいてもピルスやヴァイツエン、ラードラー等、5000種類以上のビールを楽しむことができます。ビールの歴史において500年と言う成熟したビールを飲み比べてお気に入りを探すのもドイツ旅行の魅力の一つです。


by